コロナ情報(じょうほう):コロナのワクチン

いろいろな言語(げんご)で見(み)ることができます。クリックしてください ↓                                   

Available in different languages. Please click the button below ↓

日本語/にほんご 英語/English 中国語/中文 韓国語/한국어 ベトナム語/Tiếng Việt

タガログ語/Tagalog インドネシア語/Bahasa Indonesia ネパール語/नेपाली 

ミャンマー語/မြန်မာဘာသာ タイ語/ภาษาไทย シンハラ語/සිංහල භාෂාව  

コロナ情報(じょうほう):コロナのワクチン

 

 

  1. 家にお知らせが来ます。封筒にお知らせの紙・予診票・接種券/クーポン券が入っています。
  2. 電話などで予約をします。 ※予約については、下の“B”を見てください
  3. 会場に行って、ワクチンを打ってもらいます。

 

A:コロナワクチンの基本情報(きほんじょうほう)
▶ ワクチンは、無料(むりょう)です。
▶ 日本(にほん)に住(す)んでいる人(ひと)に、ワクチンのお知(し)らせが届(とど)きます。
▶ ワクチンは、義務(ぎむ)ではありません。ワクチンを打(う)ちたい人(ひと)だけ打(う)ちます。
▶ ワクチンを打(う)ちたいひとは、予約(よやく)をしなければなりません。
▶ ワクチンを打(う)つ日(ひ)は、あなたが住(す)んでいる市町(し・まち)や年齢(ねんれい)によって、違(ちが)います。
 ここを見(み)てください。
▶ 会場(かいじょう)は2つの種類(しゅるい)があります。
 ①集団接種(しゅうだんせっしゅ):公民館(こうみんかん)などの大(おお)きい場所(ばしょ)ですることです。
 ②個別接種(こべつせっしゅ):病院(びょういん)などで、1人(ひとり)ずつすることです。
 集団接種でするか、個別接種でするかは、あなたが住(す)んでいる市町(し・まち)によって違(ちが)います。
 ここを見(み)てください。
▶ ワクチンの種類(しゅるい)は、ファイザー社(しゃ)とモデルナ社(しゃ)です。【2021年5月現在】ファイザー社(しゃ)の説明(せつめい)は、ここです。モデルナ社(しゃ)の説明(せつめい)は、ここです。
▶ 国(くに)が出(だ)しているワクチンのくわしい情報(じょうほう)↓

 

B:お知らせの紙・予約について

 

C:外国語の相談窓口(携帯電話で見ている人は、電話番号のところを押すと、電話をかけることができます)

   対応言語 日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語 9:00-21:00

        タイ語 9:00-18:00、ベトナム語 10:00-19:00

 

  • (佐賀県)受診・相談センター 092-687-5535

 → 「コロナかな」と思ったとき、どうしたらいいか教えてくれます。

   対応時間 8:30-20:00

   対応言語 英語、中国語、韓国語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、タガログ語、ネパール語

        ポルトガル語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、マレー語、

        ミャンマー語、クメール語、モンゴル語、シンハラ語、ヒンディー語 (計20言語)

 

   → ワクチンの安全性や副反応について、説明します。

   対応時間 8:30-17:00

   対応言語 英語、中国語、韓国語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、タガログ語、ネパール語

        ポルトガル語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、マレー語、

        ミャンマー語、クメール語、モンゴル語、シンハラ語、ヒンディー語 (計20言語)

 

  • (佐賀県)コロナワクチン予約・接種電話通訳サービス 092-687-5006

​   → 予約をするとき&ワクチンを打つときに、通訳をします。

​   対応時間 各市町の予約センターや医療機関、接種会場のオープン時間による

   対応言語 英語、中国語、韓国語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、タガログ語、ネパール語

        ポルトガル語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、マレー語、

        ミャンマー語、クメール語、モンゴル語、シンハラ語、ヒンディー語 (計20言語)

 

 

D:「やさしい日本語~ワクチン接種編~」  ↓クリックしてください

 

E:ワクチン接種証明書
F:その他〔市町担当課、医療機関等 関係者のみなさまへ〕